" 白斑(はくはん)の思い出(2) | あかちゃん肌着専門店マルマイユ|出産祝いや出産準備のベビー服

白斑(はくはん)の思い出(2)

こんにちは、しましばです。
前回の続きです

その後、乳頭の穴のうち1箇所が、白い固まりのようなものでふさがっちゃったんです・・・。
このため、そこからは全くおっぱいが出なくなりました。これ、白斑というらしい。
この白斑のため、ふたたび、おっぱいが詰まりそうに(いや、ちょっと詰まってましたよ。しこりができてましたもん)。
悪・循・環ーーーーー!
やっぱり桶谷式マッサージに行かなくては行けないのか?いや、本当に考えました。
でも。そのころ、ちょうど1ヶ月検診で、産院へ行く機会がありまして、助産師さんに相談したところ、
ユキノシタを湿布したらいいよ」と教えていただきました。
ユキノシタって、知ってます?葉っぱの裏が赤くて、うっすらと産毛が生えています。

では、ユキノシタの湿布の方法をご紹介〜♪
 ①ユキノシタをとってくる(←そりゃそうだ)
 ②湯を沸かす
 ③湯が沸いたら、洗ったユキノシタをいれてゆでる(直径3cmの葉で、1分半くらいかな)
 ④ゆでたユキノシタの裏側(赤い方←ゆでたら緑になります)に薄皮(産毛が生えている)があるので剥ぐ
 ⑤さきほど、薄皮を剥がした側を乳頭にあて、その上からサランラップをあてる(剥がれ落ち防止のため)
以上です。結構、簡単☆
でも、ユキノシタが意外と入手しにくいってことと、裏側の薄皮が剥がしにくいのがやや難点です。
もし、薄皮が剥がしにくいときは、ゆで時間が足りないので、もう一度、30秒〜1分程度ゆでてください。葉の裏側の端っこや、茎の付け根を爪でこすると、薄皮と産毛が剥がれますよ。

ユキノシタの湿布を貼り続けて3日くらいだったかなあ。
お風呂でふと乳頭をみると、なんだかニキビの角栓のような白いものがニョッキと出ていました。
指でつまむと簡単に取れて、そこからなんとおっぱいが、だだだだーと出ました。
祝☆開通!(/ ´∀`)/
多分、中で詰まっていたものが、出てきたものと思われます。
その後、すぐにしこりも解消しました。
あなどるなかれ、ユキノシタ。痛くもないし、白斑ができた方にオススメです♪

にほんブログ村 ファッションブログ 子供服・ベビー服へ
にほんブログ村
↑クリックお願いします



受賞履歴