" オーガニックコットン・新生児用短肌着|出産祝いや出産準備の日本製ベビー服 | あかちゃん肌着専門店マルマイユ|出産祝いや出産準備のベビー服

オーガニックコットン・新生児用短肌着|出産祝いや出産準備の日本製ベビー服

TH IMG_7469
TH-OG-02 TH-OGs-05
TH-OGn-25 TH-OGn-23

日本製のベビー服を作っているマルマイユでは出産準備や出産祝いのベビー服として喜んで使っていただけるように、オーガニックコットン100%の新生児用短肌着を販売しています。

これから生まれてくるお子様にオーガニックコットンの優しさが詰まったベビー服をいかがでしょうか。

オーガニックコットンは地球環境に優しい栽培方法から、綿が持つ本来の機能性が肌にも優しいと評判です。

オーガニックコットンについては、コチラをご覧ください>>>オーガニックコットンとは

ちなみに、このオーガニックコットンの新生児用短肌着は2012年に環境省に1000枚の納品実績がある、品質が確かなものです!(※後述します)

それでは2015年8月に生まれた可愛い赤ちゃんを紹介します♪S__13656098

身長56cm、体重3144gの男の子です。S__13656096

オーガニックコットンの新生児用短肌着は足の動きを妨げないように、裾広がりの形状になっています。

TH-OGn

また、春夏用と秋冬用で生地の厚さを変えているので、季節だけでなく地域の気候に合わせたライフスタイルに対応できるようにしています。

着用期間は月齢0-4ヶ月としていますが、お腹部分の生地の重なりを多くしているので、実際は5ヶ月ぐらいでも着せることができますよ〜。

LP-POG11

月齢4ヶ月の赤ちゃんが着ている写真です。

お目めがくりっとしていて、可愛いですよね(๑˃̵ᴗ˂̵)و

btn

ここで、マルマイユのベビー服の品質が環境省に品質が認められ、2012年にオーガニックコットン新生児用短肌着を1000枚納品した話をしたいと思います。

環境省が2010〜2012年の間に全国の赤ちゃんとママに参加を募ったエコチル調査というのがあります。

内容は、赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時から13歳になるまで、定期的に健康状態を確認し、環境要因が子どもたちの成長・発達にどのような影響を与えるのかを明らかにする大疫学調査です。

そのエコチル調査に参加する赤ちゃんたちに、お礼としてプレゼントする商品に、当社のオーガニックコットン新生児用短肌着が選ばれたのです。

このような経緯があり、2012年にエコチル調査南九州ブロックに短肌着1000枚納品しました♪

logo_illustrator-[更新済み]

さらに、このオーガニックコットン新生児用短肌着は長崎県の工業製品を集めた「長崎デザインアワード2012」で機能性とデザイン性が認められ大賞を受賞しました♪

award大賞受賞01

<2015年10月17日追記>

マルマイユのオーガニックコットンのベビー肌着の中でも、

こだわり抜いて開発した商品が「至福のオーガニックコットン生地」シリーズです。

その自社開発の生地には、スイスから輸入した極細で毛羽立ちが少ないオーガニックコットン糸を使用しています。
shifuku-hd

この生地で作った新生児用短肌着は2014年のキッズデザイン賞を受賞しています。

TH-OGp-kd2014

 

【2014年度キッズデザイン賞/審査委員コメント】
敏感な乳児の肌にやさしいようにと
生地開発から始めたオーガニックコットン100%の肌着で徹底ぶりが素晴らしい。
縫製にも工夫があり肌を刺激せず、
アトピーなどを持つ子どもにも有益な提案になっている。

と評価されました♪

こだわりの自社開発生地と、縫い糸やタグまでオーガニックコットンを使用することで、

日本アトピー協会推薦品の認定を頂いています

 

<2015年11月23日追記>

TH-OGp

ご紹介している日本製新生児短肌着日本アトピー協会の推薦品として認定されましたので、ご報告いたします。

日本アトピー協会認定のポイントは、

自社開発のオーガニックコットン生地と、縫い方、そして糸やラベルや紐までオーガニックコットンにこだわっていることです。

他のアトピー協会推薦品の子供肌着もありますので、こちらのページにてご確認ください。

NPAbana3

<2016年1月28日追記>

オーガニック新生児ベビー肌着として選ばれる理由は、

「赤ちゃんは肌が敏感で汗もかきやすく肌荒れしやすいので、

汗などの水分をしっかり吸うやさしい肌触りの生地を選んであげたい」

などの気持ちがあると思います。

 

マルマイユではオーガニックコットン以外の通常の綿生地の新生児ベビー肌着なども取り扱っていますが、

「両者の違いはなんですか?」

オーガニックコットンの肌への優位性は?

というご質問をよく頂きます。

 

マルマイユなりに端的に答えを出すと

化学処理をして生地を作っているかどうか」だと思います。

 

マルマイユではオーガニックコットン以外の通常の綿生地の新生児ベビー肌着も取り扱っていますが、

何が違うのか、という質問をよく頂きます。

まずはオーガニックコットンについて確認ですね。

IMG_0192 

オーガニックコットンは3年以上化学薬剤を使わない畑で、

一切の農薬や化学肥料を使用しないで栽培された綿花のことで、

世界の綿の生産量のわずか0.7%しかない希少な綿花です。

 

そこから収穫した綿をつむいで糸にして、

生地に仕立てる生産工程の間でも、

化学処理をしないで、風合いをそのまま活かすので、

原料である綿そのものの色である「生成り(きなり)」色になります。

 

このような生産背景をもつ生地だからこそ、オーガニックコットンの新生児肌着は、

汗や水けをしっかり吸い、やさしい肌触りが特徴だと言われています。

 

それでは、普通の綿が体に悪いのか、というと決してそんなことはありません。

じつは収穫されるコットンそのものには、

オーガニック綿でも普通の綿でも違いがないとも言われています。

なぜなら普通に栽培された綿でも残留農薬はとても少ないことが分かっているからです。

 

いまの時代は科学の発展により、

普通の綿でも品種改良や糸に加工するときの工夫で吸水性がよい生地や、

ポリエステル繊維をまぜた速乾性機能を持つ生地も出てきています。

 

しかし!

オーガニック綿でも普通の綿でも、本当に同じなのでしょうか。

肌が弱く肌にトラブルを持つ人がオーガニックコットンを使うとこう言います。

「やはりオーガニックコットンは良い!」

肌トラブルの原因は解明できていないものもあり、

数値では測れない優しさや安心感を肌で感じることができるのが、

オーガニックコットンだと、マルマイユは考えています。

 

<2016年6月11日追記>

生後4日の3332gの女の子

生後4日の3332gの女の子

CB-OGp-03

今日はオーガニックコットンのコンビ肌着を着た赤ちゃんの紹介です。

これから暑い季節になってくるので、

コンビ肌着だけを1枚着せて赤ちゃんをねんねさせることもできますよ〜。

 

赤ちゃんに関して言えば、肌の薄さは大人の半分ほどです。

大人が感じない刺激も感じることができるはず。

だからマルマイユは、

新生児ベビー肌着の選択肢として、

オーガニックコットンのベビー服のラインナップを少しずつ増やしていくように考えています。

マルマイユは日本製らしく、赤ちゃんへの配慮きちんとしていくのは当然ですが、

赤ちゃんやご家族の方に笑顔を届けることができるベビー服作りを目標に掲げています♪

皆さまに少しでも喜んで頂けるように努めてまいりますので、ご意見ご要望があればいつでもご連絡ください。

<お問い合わせはこちら>

以上、ベビー服通販の赤ちゃん肌着専門店マルマイユでしたヾ(●´∀`●) 

 

 



受賞履歴